菅家アーカイブ

過去のブログで書いてきたお笑いDVDレビューをまとめました。

Piperという軍団。

発熱! 猿人ショー [DVD]

発熱! 猿人ショー [DVD]

前々から、なんとなく気になっていた。だけども、なんだか一歩が出せなかった。僕にとって、このDVDはそういうDVDでした。なにせ、これまで購入してきたお笑いDVDの多くは、実際にテレビ等でネタを見てから購入することが多かったので。今回は、まったくの無防備。とにかく“面白いと言われている”という言葉だけを頼りにして、このDVDを購入しました。だから、それまでPiperなんてユニットの名前は知らなかったし、聞いたこともありませんでした。このDVDの存在を知ったときも、「Piperって、なんだろう?」という感想で。

しかし、買ったわけです。もろ藤さんの仕業です。あの人が、「Piperの『発熱!猿人ショー』は面白い」なんて書くモンだから……フハッ。いや、最終的には自分で考えた結果の購入ではありましたが、いや、かなり良い感じに背中を押してもらいましたよ……はい。……ああ、買った経緯に関しては、どうでも良いですわな。本編の解説。はいはいはい。

このDVDは、裏ジャケットに書かれている文章の通りの内容になってます。“関西で2003年1月から放送されていたお笑い番組、「百万馬力」(ABC)の「発熱! 猿人ショー」を待望のDVD化! このDVDでしか見られないコントの数々は見逃せない!”。まさに、この通り。いや、本放送を見たことがないから分からないンですけども、おそらくはこの通りなのでしょう。いわゆるテレビコントを、そのまま羅列したような内容になっていました。で、このDVDが気になっている人のうち、恐らく何人かは思っているのではないかと思うことなんですが(ややっこしいなあ)……いわゆる関西系列の番組にありがちな、肉体的に無茶するようなコントは一本も入っておりません。徹底的にテレビコントです。そのコントも、実に多種。設定がアホなコントもあれば、展開がアホなコントもあり。やたらとナンセンスで、どーしようもなくアホアホしいテレビコントが、目白押し。これまで見てきたコント映像の中でも、かなりのハイクオリティを感じさせられた作品でした。副音声には、当時の出演者によるトークが収録されており、既に彼らのコントを堪能していた人にも楽しめる内容になっております。良いモノ。

見終わった人の頭の中では「グッバイママ!」の連発、間違いなし。

広告を非表示にする