菅家アーカイブ

過去のブログで書いてきたお笑いDVDレビューをまとめました。

『百式 2009』

百式2009 [DVD]百式2009 [DVD]
(2009/12/23)
2丁拳銃

商品詳細を見る

2丁拳銃による百分間ノンストップ漫才ライブ「百式」の最新公演、その名も『百式 2009』がDVDになった。2丁拳銃の単独DVDは欠かさずチェックしている僕、当然の如くそれを購入する。勿論、ただ単純に、コレクター的な理念の元に購入し続けているわけではない。面白いから買っている。

でも、この「百式」シリーズも既に七作目。そろそろ飽きてくる。俗に言うところのマンネリ化というヤツだ。彼ら自身も意識していたみたいで、一時期マネージャーをイジッた漫才を定着させようとしていた。三年ぐらいやって、止めちゃったけど。ぶっちゃけた話、単なる内輪ネタみたいなところがあったので、止めてもらって一安心。そのうち、百分間を存分に利用した、味のある漫才を作れるようになってきて、もうマンネリとかそういうのは関係なくなっちゃった。スピード化している昨今のお笑いに反抗するみたいな感じ。

今回の『百式 2009』、その傾向がより強くなった気がする。とにかくゆったり、それでいてまったりというイメージ。たぶん、このところ彼らがレッドカーペットでやっている『丁度ええ』のネタが随所に収録されているからだと思う。いいよねえ、このネタ。他のレッドカーペット芸人たちが、もう必死こいてスピード感のあるネタを生み出しているのに対して、このネタはとにかく間で勝負しているから、急に静かになるんだよね。台風の目に入ってるみたいな。

こういう間の取りかたが出来るネタを生み出せたのも、彼らが「百式」を続けてきたからなんじゃないかと思う。このライブも、かなり独特の時間の取りかたをしているから。以前、オリエンタルラジオが似たような構成のライブをやっていたけれど、時間の取りかたが雲泥の差だったもんな。爆笑問題矢野・兵動も、ちょっと出来てなかった。今、ここまで時間を使った笑いを作れるのって、もはやテレビではネタを披露することが出来ないほどのシニアな漫才師か、2丁拳銃くらいしかいないんじゃないかなあ。知らないだけかもしれないけれど。

バリエーションも豊富だよなあ。エコな時代なので漫才もどんどんエコ化しようっていう『エコ漫才』みたいなのもあれば、考えてみればヘンなんじゃないかっていう料理をボヤく『意味わからん料理漫才』みたいなのもあるし。川谷さんがボケに回るコント『ポリスストーリー漫才』なんてのもあるし、もちろん『丁度ええ』もある。ひょっとしたら今回のライブ、ここ数年で一番面白かったかもしれない。この満足感……丁度ええ!

特典映像には、ライブ終了後のトークライブ「余弾」を収録。どんな裏話を展開するのかなあ……と思いながら見ると、色々と裏切られた(笑) そうか、当時はそんなに人気があったのかあ……いやあ、知らんけど。


・本編(104分)

「オープニング漫才」「エコ漫才」「意味わからん料理漫才」「丁度ええ1」「雑誌の取材漫才」「丁度ええ2」「こわい話漫才」「ポリスストーリー漫才」「遊園地漫才」「丁度ええ3」「体内漫才」「丁度ええ4」

・特典映像(16分)

「余弾」

広告を非表示にする